1. HOME
  2. 最新情報

最新情報

News

プレスリリース: 赤色矮星のまわりに地球のような海惑星の存在を予測

  近年の系外惑星探査では、地球のような温暖な岩石惑星(いわゆるハビタブル惑星)の発見に関心が集まっています。こうした探査の多くは、惑星の見つけやすさから、太陽系の近傍に多数存在する「赤色矮星」または「M型星」と呼ばれる、太陽よりも低温の星をターゲットとしています。惑星が温暖な気候を維持するためには、適度な日射量だけでなく、適量の海水が必要であることが知られていますが、従来の惑星形成モデルでは、M型星のまわりにそのような条件を満たす惑星が存在する確率は非常に小さいと予測されていました。 今回、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程3年の木村真博氏と国立天文台科学研究部の生駒大洋教授(研究計画A03代表)は、惑星の形成場である原始惑星系円盤のガス成分の獲得によって形成される大気とマグマオーシャンとの反応で生成される水に着目し、新しい惑星形成モデルを独自に開発し、あらためて系外惑星のもつ海水量を理論的に予測しました。その結果、M型星のまわりにおいて、地球程度の半径と日射量をもつ惑星のうち数%が適度な海水量をもっていると見積もられました。これは、今後十年以内の探査による、温暖な気候をもつ惑星の発見が十分期待されることを示唆しています。 なお、本研究成果は「Nature Astronomy」に日本時間9月30日付けで掲載されました。   詳しくは、国立天文台科学研究部のプレスリリースをご覧ください。 https://sci.nao.ac.jp/main/highlights/20220929     ◯イメージ図のキャプションとクレジット 形成期の岩石惑星において、原始大気とマグマオーシャンとの反応で水(水蒸気)が生成される状態のイメージ図(木村真博)  

お知らせ

新学術領域A01星形成班の研究会

◎新学術領域A01星形成班の研究会  2月25日(金)午前+午後 オンライン開催 午前10:00-12:00 ●千葉柾司「銀河系円盤の星形成史:最近の観測データからの示唆」 ●馬場淳一「天の川銀河の非軸対称構造と星の軌道移動」 午後14:00-18:00 ●藤本裕輔「銀河系円盤内における太陽系46億年間の変遷」 ●服部公平「恒星の軌道力学とGaiaデータ」 ●霜田治朗「銀河円盤から銀河ハローへのガス供給」 ●井上進「ガンマ線で探る天の川銀河ハローの宇宙線とその影響」

イベント

A02-A03班合同研究会

新学術領域「星惑星形成」 A02-A03合同研究会 日程:2月17日-18日 形式:完全オンライン (Zoom) 2月17日 (木) 9:30 — 13:00 系外惑星観測プロジェクト(座長:福井暁彦) ・福井暁彦:トランジット惑星サーベイ(TESSほか) ・佐藤文衛:ドップラー惑星サーベイ (HIDES-Fほか) ・住 貴宏:マイクロレンズ惑星サーベイ (Romanほか) ・河原 創:トランジット惑星サーベイ (JASMINEほか) ・生駒大洋:トランジット惑星大気サーベイ (Ariel) 14:30 — 17:30 巨大ガス惑星形成(座長:堀安範) ・生駒大洋:系外惑星の大気・内部・軌道等からの制約 ・堀 安範:系内惑星の内部・大気からの制約 ・小林 浩:コア形成 ・田中秀和:惑星移動 ・木村真博:惑星種族合成モデル ・井田 茂:原始惑星系円盤での物質の移動と進化 + 議論 2月18日 (金) 10:00 — 12:00 原始惑星系円盤環境と系外惑星形成(座長:小林浩) ・奥住 聡:円盤温度構造とペブル輸送 ・兵頭龍樹:雪線付近の惑星集積 + 議論 14:00-16:00 近接スーパーアース系(座長:小久保英一郎) ・小久保英一郎 — 軌道構造 ・松本侑士 — 半径谷とその起源 ・寺田直樹 — 大気散逸過程 ・荻原正博 — ガス円盤進化による惑星系の多様性 + 議論 16:00-17:00 代表者・分担者会議 SOC/LOC 福井暁彦、小久保英一郎、小林浩、堀安範、黒崎健二、生駒大洋

イベント

新学術「星惑星形成」オンライン研究会2021 『低金属量環境下における星・惑星形成』 (2021年12月8日-10日開催)

  新学術「星惑星形成」オンライン研究会2021 『低金属量環境下における星・惑星形成』 2021年12/8(水), 12/9(木), 12/10(金)   研究会開催の背景 宇宙初期から現在に至るまでの天体 (分子ガス, 星/星団, 銀河) 形成, およびその進化の解明は天文学の最も大きな課題の1つである。 われわれの銀河系外縁部や大小マゼラン雲をはじめとする近傍銀河は、太陽近傍領域についての研究だけでは決して埋めることのできないパラメータースペースを高空間分解能での観測でカバーすることのできる最適なターゲットとなっている。特に低金属量環境下についての研究は初期宇宙の天体形成や進化についての知見が得られる可能性が期待される。 近年の観測技術の進化により、このような環境下にありながら個々に空間分解された星やそれらの原始惑星系円盤、そして0.1pcスケールでのガスの観測などが可能になり、太陽近傍領域より得られた結果との直接の比較が可能になりつつある。 同様に理論分野では大規模並列計算機を用いた多次元流体シミュレーションの発展により、多様なスケールにおける天体形成や化学進化過程の金属量依存性が定量的に明らかになってきた。 本研究会では銀河系外縁部や近傍銀河での観測成果と関連する理論研究の成果を共有し、ALMAやJWSTをはじめとする今後の観測戦略の検討を目的とする。また初期宇宙の天体形成から銀河形成・進化まで幅広い分野の観点から, 今後の長/中期的な研究/観測戦略についても議論したい。 なお、この研究会は平成30年度より開始した新学術領域研究「新しい星形成論によるパラダイムシフト:銀河系におけるハビタブル惑星系の開拓史解明」(代表: 名古屋大学・犬塚修一郎)の支援を受けて開催いたします。   https://tok339.wixsite.com/low-metallicity-2021

イベント

原始惑星系円盤のリング構造が惑星形成の歴史を残している可能性を示唆 最新の観測とスーパーコンピュータから世界で初めて解明:新たな惑星形成理論を展望

新学術「星惑星形成」メンバーの武藤恭之(B0)と田中秀和(A02)の研究成果をプレスリリースしました。   茨城大 https://www.ibaraki.ac.jp/news/2021/11/15011422.html 東北大 https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2021/11/press20211115-01-planet.html 工学院大 https://www.kogakuin.ac.jp/news/2021/111591.html 国立天文台(スパコン利用) https://www.nao.ac.jp/news/science/2021/20211113-cfca.html     その他にも以下のサイトで紹介が行われています Simulations provide clue to missing planets mystery 12/11/2021 – Go Travel Blogger Simulations provide clue to missing planets mystery   茨城大・工学院大・東北大、国立天文台「アテルイII」で原始惑星系円盤のリング構造が惑星形成の歴史を残している可能性を示唆 13/11/2021 – 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP621279_Z01C21A1000000/   Simulation provides clues to the mystery of the missing planet 13/11/2021 – Fuentitech https://fuentitech.com/simulation-provides-clues-to-the-mystery-of-the-missing-planet/348615/   Simulations Provide Clue To Missing Planets Mystery 13/11/2021 – Eurasia Review Simulations Provide Clue To Missing Planets Mystery   New...

お知らせ

後半戦キックオフミーティング(2021年7月1-2日)

新学術領域「星惑星形成」 後半戦キックオフミーティング 日程:2021年7月1-2日 場所:オンライン (新学術メンバー以外の参加希望者は star-planet-inquiry @ astro-th.phys.nagoya-u.ac.jp までご連絡ください。) プログラム 7月1日 09:50-10:00 犬塚修一郎   概要説明 セッション1(座長:犬塚) 10:00-10:20 細川 隆史              「星団形成における磁気的効果と輻射フィードバックの相互作用」 10:20-10:40 福井 康雄              「電波観測で探る金属量が星間物質の進化に及ぼす影響」 10:40-11:00 古屋 玲               「磁気乱流フィラメントの進化:分子雲コア形成と星質量を決めるコア重力崩壊の初期条件」 11:00-11:20        discussion セッション2(座長:大西) 11:20-11:40 田中 圭               「アルマ望遠鏡で探る低金属量星形成のダイナミクス」 11:40-12:00 町田 正博              「星周円盤の形成と原始星ジェットの理論研究」 12:00-13:30        Lunch セッション3(座長:小久保) 13:30-13:50 門野 敏彦              「原始惑星系円盤における新しい珪酸塩微粒子衝突付着過程の実証」 13:50-14:10 中村 昭子              「ダスト付着力のサイズ・組成依存性と衝突過程の実験的研究」 14:10-14:30 大槻 圭史              「巨大惑星近傍でのガスと固体粒子の相互作用」 14:30-14:50        discussion セッション4(座長:田村) 14:50-15:10 平野 照幸              「若い恒星まわりの系外惑星探査:新解析手法の確立とトランジット惑星観測」 15:10-15:30 青木 和光              「系外惑星探査対象としてのM型矮星の化学組成の解明」 15:30-15:50 徳田 一起              「低金属量環境下における分子ガス雲トレーサーとしての一酸化炭素分子輝線の挙動解明」 15:50-16:10        discussion セッション5(座長:百瀬) 16:10-16:30 今井 裕               「高感度ミリ波VLBI撮像による星間分子ガス中の超微細空間構造の探求」 16:30-16:50 米倉 覚則              「メタノールメーザー高頻度観測による、大質量星形成時の質量降着率の時間変動の解明」 16:50-17:10 小林 かおり             「内部回転と振動状態間相互作用を持つ星間分子ギ酸メチルの励起状態解析への挑戦」 7月2日   セッション6(座長:大西) 10:00-10:20 高桑 繁久              「星と惑星形成の多様性を繋ぐ基礎研究」 10:20-10:40...

イベント

「惑星は恒星と同時に作られていく? -原始星円盤の形成初期に存在する惑星形成リング-」についての研究のプレスリリース (A02班他)

「惑星は恒星と同時に作られていく? -原始星円盤の形成初期に存在する惑星形成リング-」についてのプレスリリース 理化学研究所のプレスリリース(https://www.riken.jp/press/2021/20210122_1/index.html 名古屋大学のプレスリリース(http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20210202_sci1.pdf)   紹介記事 日本経済新聞https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69261000Z10C21A2MY1000/ 財経新聞https://www.zaikei.co.jp/article/20210131/605530.html 科学新聞https://sci-news.co.jp/topics/4624/

お知らせ

大研究会2020(9/30-10/3)開催

本新学術領域「星惑星形成」では、2020年度大研究会を開催します。 日時:2020年9月30日~2020年10月3日 会場:オンライン開催 主宰:新学術領域「星惑星形成」総括班 (領域の趣旨)  継続する星形成と重元素合成・放出により固体惑星の材料物質分布は銀河中心領域から外側に広がってきた。 この銀河進化によりハビタブル惑星が生まれる環境が銀河系の内側から外側へ「開拓」された。 約46億年前に生まれた太陽系の起源・進化を探るためには、現在とは異なる太陽系誕生の環境を理解することが必須であり、宇宙年齢に匹敵する時間スケールでの銀河系の進化を理解する必要がある。そのため、銀河系円盤部における星形成論の新しい枠組みを発展させ、銀河系スケールでの星団形成活動を記述する。また、進化する銀河系における多様な惑星系の形成論を構築し、現環境とは異なる初期状態を起点とする太陽系史研究へとパラダイムシフトを導く。 (研究会の趣旨)  本新学術領域はH30年度に発足し、計画の中間地点を迎えている。この研究会では、計画研究・公募研究によってこれまでに得られた成果の全容を捉えるとともに、これらと密接に関連する話題についての一般講演も募集し、各研究項目における今後の発展や連携の方向性を多角的に議論する。本領域で行ってきた「銀河系における星形成」、「原始惑星系円盤での惑星形成」、「系外惑星大気形成」の研究はもちろんのこと、相補的テーマについての研究議論も歓迎する。特に、Gaiaの観測データを駆使した銀河系円盤部の恒星の金属量分布の解析、ハビタブルゾーン進化の鍵となる金属量の空間分布構造を記述する銀河進化の理論的研究、渦状腕などの活発な星形成領域から離れた領域や特異な星団環境など惑星形成過程がまだ詳しく調べられていない領域での理論・観測的研究の発展を期待する。  今年度募集する第二回公募研究(研究期間:令和3~4年度)についても、総括班から説明を行います。多くの方に本領域での研究に興味を持っていただきたいので,他分野の方の積極的な参加も期待しています。 発表・参加申し込み  申し込みフォームから行ってください。 発表申し込み締め切り 8月31日 また、参加だけ希望する方は、発表を「なし」として申し込みお願いします。登録いただいた方には、前日までにzoomの接続情報をお送りします。 皆様のご参加をお待ちしています。 30  Sep.           9:25 9:30 代表挨拶 犬塚修一郎 名古屋大学   9:30 9:50 A01発表 千葉柾司 東北大学 銀河系の化学動力学史の新展開 9:50 10:10   藤本裕輔 カーネギー地球惑星科学研究所 銀河系シミュレーションと同位体観測で探る46億年前の太陽系形成環境 10:10 10:30 A01発表 霜田治朗 名古屋大学 磁場・宇宙線が駆動する銀河風について 10:30 10:50   竹内 努 名古屋大学素粒子宇宙物理学専攻 Two Component Dust Evolution Model of a Milky-Way like Galaxy  10:50 11:10 休憩       11:10 11:30 B01発表 村岡和幸 大阪府立大学 系外銀河における分子雲の高分解能観測...

イベント