1. HOME
  2. 最新情報

最新情報

News

2020年 March

2020年3月27日開催 新学術領域「星惑星形成」シンポジウム プログラム案のご案内(3/26更新)

先にアナウンスしたとおり、新学術領域「星惑星形成」の研究会を開催します.今回はご自身の研究拠点からZOOMを通じて参加することが可能です.(東京大学の会場を使用できなくなりました.)皆様奮ってご参加ください.研究会HPはココになります。 《新学術領域「星惑星形成」シンポジウム》 日時:2020年3月27日 午前10時~午後5時 場所:東京大学(本郷)理学部1号館3階337B号室(36名収容) (東京大学の会場は使用できなくなりました.) ZOOM接続による参加を推奨します. (会議IDはお近くの新学術メンバーにお尋ねください) プログラム案 10:00-10:30 犬塚(名大)「概要・採択された公募研究の説明とA01班の進捗」 10:30-10:50 千葉(東北大)「銀河系円盤の化学動力学構造の新展開」 10:50-11:10 木村(千葉工大)「You Only Live Twice:銀河系スケールでのダスト循環の描像」 休憩 11:30-11:50 泉(茨城大)「銀河系外縁部の低金属量環境での星形成」 11:50-12:10 安井(国立天文台)「星惑星形成過程の中心星質量依存性の観測的研究:mass-flow processの時間進化」 12:10-12:30 百瀬(茨城大)「B02班の進捗」 昼食 14:00-14:20 大西(大阪府大)「B01班の進捗」 14:20-14:40 徳田(大阪府大)「ALMAで探る局所銀河群の星/星団形成」 14:40-15:00 小久保(国立天文台)「A02班の進捗」 休憩 15:20-15:40 藤井(名大)「土星の衛星タイタンの起源」 15:40-16:00 生駒(東大)「A03班の進捗」 16:00-16:20 田村(東大)「B03班の進捗」 16:20-17:00 小林・犬塚(名大)「中間評価に向けて」 名古屋大学・犬塚修一郎

お知らせ

A02班 田中秀和教授らの研究「巨大ガス惑星の新たな形成モデルを提唱 太陽系外巨大惑星の落下問題解決と質量分布再現に成功」プレスリリース

東北大学のプレスリリース: https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2020/03/press20200317-02-gas.html 日経新聞の紹介記事: https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP531085_X10C20A3000000/ 財経新聞の紹介記事: https://www.zaikei.co.jp/article/20200320/558325.html

お知らせ