1. HOME
  2. 最新情報

最新情報

News

2020年 September

大研究会2020(9/30-10/3)開催

本新学術領域「星惑星形成」では、2020年度大研究会を開催します。 日時:2020年9月30日~2020年10月3日 会場:オンライン開催 主宰:新学術領域「星惑星形成」総括班 (領域の趣旨)  継続する星形成と重元素合成・放出により固体惑星の材料物質分布は銀河中心領域から外側に広がってきた。 この銀河進化によりハビタブル惑星が生まれる環境が銀河系の内側から外側へ「開拓」された。 約46億年前に生まれた太陽系の起源・進化を探るためには、現在とは異なる太陽系誕生の環境を理解することが必須であり、宇宙年齢に匹敵する時間スケールでの銀河系の進化を理解する必要がある。そのため、銀河系円盤部における星形成論の新しい枠組みを発展させ、銀河系スケールでの星団形成活動を記述する。また、進化する銀河系における多様な惑星系の形成論を構築し、現環境とは異なる初期状態を起点とする太陽系史研究へとパラダイムシフトを導く。 (研究会の趣旨)  本新学術領域はH30年度に発足し、計画の中間地点を迎えている。この研究会では、計画研究・公募研究によってこれまでに得られた成果の全容を捉えるとともに、これらと密接に関連する話題についての一般講演も募集し、各研究項目における今後の発展や連携の方向性を多角的に議論する。本領域で行ってきた「銀河系における星形成」、「原始惑星系円盤での惑星形成」、「系外惑星大気形成」の研究はもちろんのこと、相補的テーマについての研究議論も歓迎する。特に、Gaiaの観測データを駆使した銀河系円盤部の恒星の金属量分布の解析、ハビタブルゾーン進化の鍵となる金属量の空間分布構造を記述する銀河進化の理論的研究、渦状腕などの活発な星形成領域から離れた領域や特異な星団環境など惑星形成過程がまだ詳しく調べられていない領域での理論・観測的研究の発展を期待する。  今年度募集する第二回公募研究(研究期間:令和3~4年度)についても、総括班から説明を行います。多くの方に本領域での研究に興味を持っていただきたいので,他分野の方の積極的な参加も期待しています。 発表・参加申し込み  申し込みフォームから行ってください。 発表申し込み締め切り 8月31日 また、参加だけ希望する方は、発表を「なし」として申し込みお願いします。登録いただいた方には、前日までにzoomの接続情報をお送りします。 皆様のご参加をお待ちしています。 30  Sep.           9:25 9:30 代表挨拶 犬塚修一郎 名古屋大学   9:30 9:50 A01発表 千葉柾司 東北大学 銀河系の化学動力学史の新展開 9:50 10:10   藤本裕輔 カーネギー地球惑星科学研究所 銀河系シミュレーションと同位体観測で探る46億年前の太陽系形成環境 10:10 10:30 A01発表 霜田治朗 名古屋大学 磁場・宇宙線が駆動する銀河風について 10:30 10:50   竹内 努 名古屋大学素粒子宇宙物理学専攻 Two Component Dust Evolution Model of a Milky-Way like Galaxy  10:50 11:10 休憩       11:10 11:30 B01発表 村岡和幸 大阪府立大学 系外銀河における分子雲の高分解能観測...

イベント

A01班 小研究会:9/14(月)開催

以下の日程で,新学術領域「星惑星形成」計画研究A01(星団形成理論)班の研究会をZoomで開催します.こちらは9月末の大研究会とは別です.9月はZoom会合が多くなってしまいましたが,皆さまの参加を歓迎いたします. 【新学術領域「星惑星形成」 A01班研究会】  日時:2020年9月14日(月)  午前10時半開始・午後6時終了予定 接続先URLとパスコードはお近くのメンバーに直接お尋ねください     プログラム ●諏訪雄大 10:30~11:30  「超新星爆発による元素合成(仮題)」レビュー ●林航平 11:40~12:20  「銀河考古学(仮題)」 〇昼休み 12:20~14:00 ●松本倫明 14:00~14:40  「周連星円盤における磁場の効果」 ●塚本裕介 14:50~15:30  「金属量、宇宙線環境の異なる領域での原始惑星系円盤の形成と初期進化」 〇小休憩 15:30~16:00 ●長島雅裕 16:00~16:40  「準解析的モデルにおける銀河系的銀河の星形成タイムスケールについて」 ●小林千晶 17:00~18:00  「銀河系の化学進化(仮題)」レビュー  どうぞよろしくお願いします. 計画研究A01班代表 犬塚修一郎

お知らせ

公募研究募集

平成30年度〜平成34年度 新学術領域研究 「新しい星形成理論によるパラダイムシフト:銀河系におけるハビタブル惑星開拓史の解明」 令和2年度に募集する公募研究情報 なお,下記文部科学省のぺージの公募要領に公募文面が掲載されております. http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/boshu/1394561.htm 「令和3(2021)年度科学研究費助成事業-科研費-公募要領(新学術領域研究・特別研究促進費)」のP.19(pdf:4329KBのP.27)です.

お知らせ