1. HOME
  2. 最新情報
  3. イベント
  4. 大研究会2020の開催

最新情報

News

イベント

大研究会2020の開催

本新学術領域「星惑星形成」では、2020年度大研究会を開催します。

日時:2020年9月30日~2020年10月2日
会場:オンライン開催
主宰:新学術領域「星惑星形成」総括班

(領域の趣旨)
 継続する星形成と重元素合成・放出により固体惑星の材料物質分布は銀河中心領域から外側に広がってきた。 この銀河進化によりハビタブル惑星が生まれる環境が銀河系の内側から外側へ「開拓」された。 約46億年前に生まれた太陽系の起源・進化を探るためには、現在とは異なる太陽系誕生の環境を理解することが必須であり、宇宙年齢に匹敵する時間スケールでの銀河系の進化を理解する必要がある。そのため、銀河系円盤部における星形成論の新しい枠組みを発展させ、銀河系スケールでの星団形成活動を記述する。また、進化する銀河系における多様な惑星系の形成論を構築し、現環境とは異なる初期状態を起点とする太陽系史研究へとパラダイムシフトを導く。

(研究会の趣旨)
 本新学術領域はH30年度に発足し、計画の中間地点を迎えている。この研究会では、計画研究・公募研究によってこれまでに得られた成果の全容を捉えるとともに、これらと密接に関連する話題についての一般講演も募集し、各研究項目における今後の発展や連携の方向性を多角的に議論する。本領域で行ってきた「銀河系における星形成」、「原始惑星系円盤での惑星形成」、「系外惑星大気形成」の研究はもちろんのこと、相補的テーマについての研究議論も歓迎する。特に、Gaiaの観測データを駆使した銀河系円盤部の恒星の金属量分布の解析、ハビタブルゾーン進化の鍵となる金属量の空間分布構造を記述する銀河進化の理論的研究、渦状腕などの活発な星形成領域から離れた領域や特異な星団環境など惑星形成過程がまだ詳しく調べられていない領域での理論・観測的研究の発展を期待する。

 今年度募集する第二回公募研究(研究期間:令和3~4年度)についても、総括班から説明を行います。多くの方に本領域での研究に興味を持っていただきたいので,他分野の方の積極的な参加も期待しています。

発表・参加申し込み
 申し込みフォームから行ってください。
 
 発表申し込み締め切り 8月31日
 
皆様のご参加をお待ちしています。